育児に関するQ&A

育児知識「知らなかった」では済まされない!子育てに関する知識を深めましょう。

カテゴリ:

星崎先生のお話👩 こどもの歯とお口について④ 気をつけよう!お口ポカーン👄

最近、お口がポカーンと開いてしまうお子さんが増えています。

これは、舌癖(ぜつへき)によってなるものです。

舌癖とは、『舌を突き出して歯を押し出す癖』のことをいいます👅

歯が生える時期 スライド

上の写真のように、いつも歯を舌で押し出してしまっていると、

歯が前に出てきてしまったり、

歯と歯の間に隙間ができたり、上下の歯がかみ合わない歯並びになってしまうことがあります😢

また、でお話ししたように、口呼吸がメインになってきますので、免疫力も低下してきてしまいます。

そんな舌癖の原因は、以下のようなことだと言われています。

1,  口呼吸  鼻の病気、のどの病気、口唇の力が弱い状態

2,  舌の裏の張りが強い

3,  ゆびしゃぶり

4,  習慣

 

これらが原因によっておこる舌癖ですが、

『予防・改善できるお口の体操』があるのです!

 

まず初めに、自分の舌が口のなかのどこに当たっているか、確認してください☝✨

 

口蓋(口の上壁)に当たっていれば正しい位置なのですが、歯の裏側などに当たっている場合、これからお伝えする体操を行うことで、舌の位置が正しく改善されます。

やってみよう!あいうべ体操

あいうべ体操 画像

①「あー」と口を大きく開く

②「いー」と口を大きく横に広げる

③「うー」と口を強く前に突き出す

④「べー」と舌を突き出して下に伸ばす

◍ この4つの動作を順に繰り返します。声は出しても出さなくてもかまいません。

◍ ①~④を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けましょう

◍ 1回5秒、1分10回の長さで行いましょう

◍ この体操は、真剣に行うとかなり疲れます。慣れるまでは、2~3度にわけたほうが続けやすいでしょう。入浴時にやるのがおすすめ!

◍ 顎関節症の人やあごを開けると痛む場合は、回数を減らすか、「いー」「うー」のみを繰り返してください。この「いー」「うー」体操は、関節に負担がかからない為、何回行っても結構です。

 

 

そして、あいうべ体操を実施した後、もう一度確認してみましょう☝✨

舌は今、どこにあたっていますか?

 

いかがですか?

先ほどよりも舌が上に上がっていませんか?

最初、舌が口蓋にあった方も、当たる面積が増えていませんか?

 

これがあいうべ体操』の効果なのです!

 

家族で簡単にできる健康法ですので、ぜひ、ご家族でしてみてくださいね☺

 

 

参考文献)●星崎雅恵、ラ・プレシャス:こどもの歯とお口について 講義資料

コチラの記事はお役に立ちましたでしょうか?

会員様だけが使える機能

掲示板・父親同士で情報交換や交流 育児相談・メールフォームによる24時間体制の育児相談

この機能を使えば、サポートメンバーや先輩お父さんたちがきっと良い意見を聞かせてくれます。一人でどうしようか迷っているのなら、ぜひ会員登録をしてご相談ください。

新規会員登録

ページトップへ