育児に関するQ&A

育児知識「知らなかった」では済まされない!子育てに関する知識を深めましょう。

カテゴリ:

「赤ちゃんの心のできかた」について

2人の子育てを経験しました。特に小さな時は、おしゃべりもできないので、つまらないなあと思いながらも、こちらから一方的に話しかけはしていましたが、本当のところよくわからずにいました。でも、赤ちゃんの頭の中が妙に気になり、「赤ちゃんの心のでき方」について調べることにしました。

出生時・・・「興奮」のみ

生後3ヶ月・・・「快」「不快」

生後6ヶ月・・・「快」「不快(怒り、嫌悪、恐れが加わる)」

1歳児・・・「快(得意、愛が加わる)」

1歳半・・・「快(愛に対児童、対成人が加わる)」「不快(嫉妬が加わる)」

2歳・・・「快(喜びが加わる)」

ここで、ポイントになるのは、2歳までの喜びを感じる半年前に「不快(嫉妬)」の感情が芽生えていること。

乳幼児の情緒の分化について唱えたブリッジズ(1932年)によれば、生後6ヶ月~生後8ヶ月の間に「基本的感情」が全て出揃うとされており、その「基本的感情」とは、

苦痛⇒悲しみ嫌悪怒り、恐れ

興奮⇒驚き

満足⇒喜びの6つの感情をいうのだそう。最近では、6つの感情は生後6ヶ月までにほぼ発達するといわれていて、そのためには、赤ちゃんの認知能力の発達、親子の愛着関係の発達が上手く進んでいることが大切なんだとか。赤ちゃんはおしゃべりはできなくても、快、不快はわかっていて、小さいのに嫉妬もするんだだね~。たっぷり愛情を注ぐことは、赤ちゃんの感情を育むのに大切だったんだ!今初めて知ったよ~😭

「手に取る様に発達心理学がわかる本」かんき出版 目白大学教授 小野寺敦子著 参照

コチラの記事はお役に立ちましたでしょうか?

会員様だけが使える機能

掲示板・父親同士で情報交換や交流 育児相談・メールフォームによる24時間体制の育児相談

この機能を使えば、サポートメンバーや先輩お父さんたちがきっと良い意見を聞かせてくれます。一人でどうしようか迷っているのなら、ぜひ会員登録をしてご相談ください。

新規会員登録

ページトップへ