育児に関するQ&A

育児知識「知らなかった」では済まされない!子育てに関する知識を深めましょう。

カテゴリ:

赤ちゃんから幼児へ、1歳児へのしつけ方法とは

赤ちゃんも1歳前後になるとよちよちと歩きはじめ、行動範囲が広くなって興味の対象も広がってきますね。そろそろ幼児へ向けてしつけが必要かな?と周りの大人は感じるようになるでしょう。

しかし、まだ1歳では言葉もしゃべれないし、いったいどこまで大人の言うことを分かっているのやら…。何をどのようにしつけるべきなのか悩むところです。

いくつかの観点から1歳児のしつけについてまとめてみました。

赤ちゃんから幼児へ、1歳児へのしつけ方法とは

基本的な生活習慣を身につける

1歳ごろになると、眠って、泣いてミルクを飲んで、の繰り返しだった乳児とは違い、生活リズムができてきます。だいたい決まった時間に起きたり、離乳食を食べたり、布団に入ったりすることができるようになります。

そこで、ご飯の後は歯磨き、寝る時間、テレビを見る時間、帰ったら手を洗う、といった生活習慣をまずは身につけてあげましょう。

大人でも、歯磨きや洗顔など毎日の習慣は、やらないと気持ち悪く思うもの。
1歳児は生活習慣を身につける最初の年齢といえるでしょう。毎日しているうちにだんだん定着していきます。

1歳児でもできる片付け

1歳児はお片付けってできるでしょうか?1歳になりたてと2歳直前ではだいぶ違いますし、個人差もありますが、簡単なことならできるようになります。

1歳前後の子供は、おもちゃや本などを勝手に出すことは出しますが、自分から片づけることはありません。放っておくと、あっという間に部屋はゴチャゴチャになってしまいます。

そこで、ママが片付ける。のではなく子どもにも声をかけて一緒に片付けましょう。

片付けの際は、大きな箱やバスケットなどを用意して、ひとまとめに入れてしまうやり方をおすすめします。1歳ぐらいの子供は言葉もまだ十分理解できません。
「これをあそこに入れて」、「これはこっち」、などといった複雑な片づけは当然無理です。
ポイポイと入れ物に入れる、という簡単なことでかまいません。出したものは片付ける、ということを身につけるのが大事なのです。

家族でもあいさつをしよう

最近は、大人でもあいさつができない人がいます。家族の間ではあいさつしないという家庭もあるようです。しかし、あいさつは社会に出たときの基本中の基本。小さいからといってあいさつがわからないことはありません。

朝起きたら「おはよう」、ご飯の前には「いただきます」外で人に会えば「こんにちは」、悪いことをしたら「ごめんなさい」。たくさんのあいさつがありますね。どれも簡単な一言ばかりです。

1歳ではまだ言えない子どもも多いですが、あいさつする大人の姿を見せてあげることが大切です。繰り返し毎日あいさつする様子を見ていれば、子どもは自然と覚えていくものです。
「○○ちゃん、おはよう」「○○ちゃん、おやすみ」とまだしゃべれなくても、子どもにもあいさつをしてあげてくださいね。

基本的な生活習慣、片付け、あいさつ

以上のように、大まかに3点に絞って1歳児のしつけについてまとめました。

いずれも、1歳の子供には難しいことも多いかと思いますが、周りの大人が根気よく、粘り強く取り組むことで、2歳、3歳と成長していく子どもの基礎になっていくはずです。

また、すぐにうまくいかなくても、大きな声でしかりつけたり、腹を立てたり、たたいたりしないようにしてくださいね。そういった行為は子どものしつけには向いていません。

子どもは、まして1歳児は一度言っただけではできるようにはならないもの。それに、別に1歳で絶対できるようにならなければならない、というものでもないのですから。

楽しみながら1歳児のしつけに取り組んでください。

コチラの記事はお役に立ちましたでしょうか?

会員様だけが使える機能

掲示板・父親同士で情報交換や交流 育児相談・メールフォームによる24時間体制の育児相談

この機能を使えば、サポートメンバーや先輩お父さんたちがきっと良い意見を聞かせてくれます。一人でどうしようか迷っているのなら、ぜひ会員登録をしてご相談ください。

新規会員登録

ページトップへ