育児に関するQ&A

育児知識「知らなかった」では済まされない!子育てに関する知識を深めましょう。

カテゴリ:

こんなときどうする❔❕① こどもの発熱と吐き気😲

幼いこどもの発熱は、パパママにとって、不安でたまりませんよね😢

のどが渇いているのか、

どれくらいしんどいのかがまだ伝えられない時期は、

状態に合わせたパパママによる環境づくり大切になってきます☺

 

👶お子さんの状態を観察して、そのときにあった関わりができるといいですよね☝

 

💛熱が上がり続けている、寒がっているときは…

●掛物や衣服を増やすなど調節して、あたたかくしてあげましょう

●入浴は×

 

 

💛 熱が上がっていて暑そうなときは…

⇨解熱にもっていく関わりをしてあげましょう。

冷やす

…氷枕や市販の冷えたシートを使ってみましょう。

頭部脇、足の付け根、背部全面などを冷やしてあげましょう。

 

掛物や衣類で調節する。暑がっていたら肌着1枚でもOK👕

…乳幼児期のこどもは、自身の体温調節の機能もまだ発達しておらず、周りの温度が高いと体温が高くなる傾向があります。薄着にさせて様子をみてみましょう。

水分をしっかりとる

…母乳、湯冷まし、番茶、果汁、野菜スープ、小児イオン飲料など。

(食事をする年齢で食欲がでてきたら、おかゆ、煮込みうどん、茶わん蒸し、湯豆腐など、こどもが食べたいもの、食べれるものから食べましょう)

汗をかいたら汗を拭きとり、着替えをする

医師からの解熱剤を使う

 

 

また、38度以上の発熱がおこると、熱性けいれんが起こる可能性があります。

💛 熱性けいれんとは…

38度以上の発熱に伴って起こるけいれんのことを言います。

多くは、発熱初期と言われる熱が上がっていくときに

5分以内の左右対称のつよい全身性のけいれんがみられます。

(見られる症状)

●突然体が硬くなる

●眼球が上方をむいて白めになる

●意識がなくなる

●チアノーゼが見られる      などです。

 

多くの場合、1~2分で治まり、その後何事もなかったかのように眠ったままになりますが、

その後、間代性けいれん(手足の屈伸をガタガタと繰り返すように動かしてしまうけいれん)に移行していくこともあります。

 

そして、これらのけいれんは治まっていくものですので、

医療機関を受診するときに、情報が伝えられるように、

『どのようなけいれんだったのか、

なるべく落ち着いてよく見ること』も必要です

 

「どれくらい続いたのか」「どんなけいれんだったのか」の様子をみて、

医療機関を受診するようにするといいでしょう。

 

 

そして、体調不良中、よく見られる症状として『吐き気』があります😢

このときは、

●食べ物よりも嘔吐による脱水が心配なので、水分をとるようにしましょう

●吐き気がなくなったら、おかゆやお豆腐料理などから、少しずつ食べさせて行きましょう

*このとき、油もの、刺激、辛い、硬い、熱すぎるものは避けましょう

 

 

始めは不安でいっぱいの育児。

 

パパが働いている中ではなおさら、ママ一人で悩みがちになってしまいます。

 

パパもこういう情報を知っていって、

お子さんの状態にあったかかわりを一緒に考えていけると、お互いに心強いですね☺

 

 

コチラの記事はお役に立ちましたでしょうか?

会員様だけが使える機能

掲示板・父親同士で情報交換や交流 育児相談・メールフォームによる24時間体制の育児相談

この機能を使えば、サポートメンバーや先輩お父さんたちがきっと良い意見を聞かせてくれます。一人でどうしようか迷っているのなら、ぜひ会員登録をしてご相談ください。

新規会員登録

ページトップへ