育児に関するQ&A

育児知識「知らなかった」では済まされない!子育てに関する知識を深めましょう。

カテゴリ:

本日の育児情報 2017年6月14日 朝日新聞より

咽頭結膜熱(プール熱)とは? 感染に注意!

子どもに多い「咽頭結膜熱」の患者が2007年以降最多となっていることが13日、国立感染症研究所の集計でわかった。「プール熱」とも呼ばれる感染力が強い感染症で、専門家は手洗いなどで予防するよう、注意を呼びかけている。

感染研によると、咽頭結膜熱は発熱や目の充血。のどの腫れがみられる。特攻薬がなく、肺炎になることもある。小学校入学式までの子どもがかかることが多い。せきやくしゃみ、タオルの使い回しで感染する。プールの水からうつることもあるが、近年は塩素消毒の効果で、プールから感染が広がるのはまれという。全国約3千の医療機関から報告された患者数は最新の1週間(5月29日~6月4日)で1医療機関あたり0.95人であった。

プール熱とは

  • 「アデノウイルス」が原因
  • 6月頃から夏季にかけて流行

 

症状

  • 38~39℃の発熱、頭痛
  • 目の充血
  • のどの痛み

 

予防法

  • 流水と石鹸による手洗い、うがい
  • 感染者との接触を避ける、タオルは別な物を使う。(厚生労働省のホームページなどから)

 

つぶやき・・・ホーリーは子どものころからよく咽頭痛のある熱を出していた。小さな子どもは症状をうまく伝えられないから、子どもの機嫌が悪い、いつもと様子が違うなど、ちょっとした症状に早く気づいてあげられるといいね。。。

コチラの記事はお役に立ちましたでしょうか?

会員様だけが使える機能

掲示板・父親同士で情報交換や交流 育児相談・メールフォームによる24時間体制の育児相談

この機能を使えば、サポートメンバーや先輩お父さんたちがきっと良い意見を聞かせてくれます。一人でどうしようか迷っているのなら、ぜひ会員登録をしてご相談ください。

新規会員登録

ページトップへ